ブログ

カテゴリー別アーカイブ: ミスコン応募写真

ビューティーページェントメディア ( BPM ) の取材を受けました!

ビューティーページェントメディア ( BPM ) の

取材を受けました。

●ビューティーページェントメディア ( BPM ) とは

国内初の様々なビューティーコンテストの総合情報サイトです

ビューティー・ページェントメディア(BPM)は、

『国内初・国内最大級のミス・ミセス・ミスター・LGBTQ(IA)

ビューティーコンテストをメインテーマにした総合情報サイトです。

ビューティーコンテストを軸として、

モデルさんを筆頭に「美」にかかわる方々のライフスタイルや美意識、

そこに到るための様々なTIPSなどをご紹介してまいります。

ネットのみならずリアルにも展開し、

ビューティーページェントメディアの輪を広げてまいります。

ぜひご期待ください。

下記アドレスから抜粋引用させていただきます。

https://beautypageantmedia.jp/?p=938

——————

カリスマカメラマン高橋洋一さんに聞く。

写真の高橋さん

笑顔を引き出すコツや撮影秘話など、

高橋さんならではのテクニックをBPMで独占公開!

アナウンサーや客室乗務員を目指すみなさんのお写真を 長年撮り続けてこられた、

カリスマカメラマン 高橋洋一さんに 笑顔を引き出すコツや撮影秘話を

BPM編集長西田が伺います!

BPM初代モデル慶応義塾大学3年 古谷香菜美さんのお写真を撮っていただきました!↓BPMとの提携企画写真です。

ミスコン応募写真

ミスコン応募写真

カメラマン歴なんと50年!

 

―高橋さんは、いつ頃から美しい女性(男性も含む)を 撮り始めたのですか?

高橋さん:人生長いですからね(笑)。

特に女性が多い客室乗務員を目指す方々からの お問合せが増えたのは

ホームページを作ってからでしょうか。 かれこれ15~6年くらいになります。

―高橋さんのカメラマンとしてのキャリアをお聞かせ頂けますか?

高橋さん:トータルで、50年以上この仕事をしています。

大学を出てから住み込みで 写真館で働き、

その後結婚式場でカメラマンをしていました。

 

―そのころから、女性を美しく撮られていたのですね!

高橋さん:そうですね。(笑) 撮影をした後は修正なんかもやっていましたが、

今と全く違う作業なんです! 当時は修正する際にえんぴつを使って、

女性が嫌う目の下のクマを薄める修正など 肌の細かいところまで

手作業で行っていたんですよ。

えんぴつの芯の先を削って伸ばした状態で 触れるか触れないかという

繊細なテクニックを駆使し ネガに直接書き込んでいました。

―ネガに直接ですか!? 今では、フォトショップや加工アプリなどもあるので

信じられないような作業工程だったのですね。

そのご経験が今の高橋さんの丁寧な作業にも表れていますね。

高橋さん:時代がデジタル化にシフトすると

直ぐに私はデジタルを取り入れました。

うちは、遺影写真のご依頼も多く、

やはりそのようなお写真にはスピードが大切なんです。

―遺影は、ご葬儀の際に飾られ、ご家庭では 故人を偲ぶための大切な1枚ですよね。

どんな方でも丁寧に美しく撮影してくださる高橋さんだからこそ、

最期の1枚は高橋さんに、とお考えになる方がいらっしゃるのでしょう。

高橋さんのところへは、関東はもちろんのこと

日本全国、海外からもお客さんが来られると聞きましたが。

高橋さん:やはり、ホームページがきっかけです。

物品販売と違って写真館は人が来てくれなくては 撮影が出来ないので、

あまり意味がないのではと正直思ったのですが、

時代に合わせホームページを作成してみました。

―ホームページの効果はどうでしたか?

高橋さん:1年経つか経たないかで 北海道からお客さんが見えたんです。

ホームページも自分のところで作ったもので 大したものじゃなかったのですが、

その方はそれを見てお見えになったとおっしゃっていました。

正直本当に驚きました!

今では、遠くからお見えになられても 驚きが薄くなりましたが……(笑)

―私自身も高橋さんにドバイの新聞社に 取材を受けた際の

メディア用のお写真を撮って頂いたこともあったり、

経営するエアラインスクールの生徒さんを

よくご紹介させて頂いておりますが

容姿や年齢問わずに本当に丁寧に美しいお写真をご用意くださいます。

スピード重視でビジネスライクなベルトコンベアー方式で

対応するカメラマンさんもいると生徒さんから聞きますので、

高橋さんは本当に貴重な存在だと思います!

高橋さん:色々なところからうちに足を運んでくださっているので、

自分はとにかくみなさんの美しさを引き出すことが役目と思っています。

ひとりひとり自分の子供が受験をするような思いで、

合格してほしいという願いも込めながら撮影をしてきたんです。

―高橋さんのお写真には、そのような思いや願いも込められているのですね! 

高橋さん:あと、いつも考えているのが自分らしさを出してもらうために

撮影を楽しんでもらうこと。

硬い表情の人には、なんとかして硬い表情をゆるめてあげたいと思うんです。

―私もそうですが、カメラの前で緊張してしまう人も少なくないと思います。

固い表情の方を和らげるコツはなんですか?

高橋さん:そのひとそのひとで、違うんです。

うちは、撮影の前に少しお話をする時間をさりげなくもつんですよ。

会話の中から色々なヒントを見つけて楽しい会話を心掛けています。

美味しい食べ物の話などをすることもあります。

そうすると表情が柔らかくなったりするんです。

そのような自然体の中でもしっかりアピールできるような

目力が入るようなお写真を撮るようにしています。

おいしい食べ物の話は、万国共通で人を笑顔にしますね!!!

私もいつも高橋さんとお話をさせて頂くと、

思わず笑顔になっています!

最後に撮影の前にこれからミスコンに挑戦されるみなさまへ、

メッセージをお願いします。

高橋さん:品位のある写真をいつも撮影しようと心の中に思っています。

ミスコンに挑戦するみなさんもただ笑っているだけでなく

日本人らしい、品位のある日本代表になって頂きたいと思います。

さすが日本人!と思ってもらえるような、

おもてなしの心を感じさせるような代表になってほしいです。

スタジオ内は全てが撮影スポットに!  高橋洋一さん ご本人提供

スタジオ内は全てが撮影スポットに! 高橋洋一さん ご本人提供 c BPM

―高橋さんのお写真は、書類通過率の高さで有名ですが、

私は以前から高橋さんのお写真には特別なものを感じていました。

今回のインタビューを通してその謎が少し解けたように感じました。

これからも、みなさんの美しさや個性を引出し

最高のお写真を撮り続けてください。

本日は、本当にありがとうございました!

 
1枚のお写真に願いを込める!
高橋さんに撮ってほしいと思われたみなさん! 
「BPMを見た!」と予約の際にお伝えください☆
写真の高橋奥付
写真の高橋 
公式ホームページ:https://phototf.com/ 
住所:東京都江戸川区北小岩2-3-2 
電話:03-3657-3344

ビューティーページェントメディア編集部

BPM編集長 西田 麻紀

ビューティーペイジェントメディア編集長・お台場のEOKエアラインスクール校長・ビュー ティーコンテスト向けコーチングやサポートをはじめ2019年は7つのミスコンテストの審査 員を務める。オールアバウト・各種新聞社雑誌社向けにトラベルライターとしても11年執筆。 現在は美容に良いと自身が信じるアラビックメゼの研究に没頭中!