ブログ

履歴書,ES作成は面接官に好印象を!

Share on Facebook
LINEで送る

履歴書,ESの書き方であなたの第一印象が決まる!

履歴書用写真

履歴書用写真

 

志望動機,自己PR,自己分析が重要課題となります。

自己分析、自己PR、志望動機?

自己分析の目的は?勿論内定をとりたいからですね!

今回は主に一番大切な自己分析について述べます。

自分の行きたい企業に行くためには、自分を深く知る必要があります。

そのための自己分析です。

入りたい企業に対して 「自分はこんな能力があって,やりたいことは●●です。なぜそれをやりたいのか?具体的に●●です。其れを、御社でなら、どういう仕事をして,それに取り組められるか」としっかり答えられるようになれば優秀ですね。

★志望の企業に対して自分はどんな仕事でどのくらい貢献できるか、充分に伝えることが出来れば自己分析が生きて来て、それこそ自己PRにつながりますね。最高です!

 

さらに、企業・業界の情報収集は自己分析の質を向上させてくれます。
自分はどんな状況の時,頑張れるか?これは志望動機に関係します。
そして問題にぶつかった時,どうやって乗り越えることができるのか。

これは自分の長所が膨らんできます。

そして「なぜ御社でなければならないのか?」が伝わる説得力のある志望動機になります。それに取り組むなら御社しかない!ご自分が考えて行動したことを数字的にも具体的に書いてください。

そうすればあなたのやる気と人柄は、面接官や人事担当者に自然と伝わってくるでしょう。

つまり「自己分析」とは

自己分析とは、自分の過去を振り返る事です!

自分の長所や短所,価値観を具体的な言葉にしていく作業です。

ではどうしたらよいのか?

それは少し時間がかかりますが,自分史を書くという作業をしてみることが自己分析に繋がるのです。

思い出す過去をたぐり寄せて一つ一つ、分析して自分の個性に気づいていきます。

その時自分はどんな気持ちだったか,そしてどう対処したのか,何でも良いのでひたすら紙に箇条書きしていきましょう。

自分を落とし込む作業なのです。辛い時もあるでしょうね~・・

でも紙に落ちない考えは誰にも真剣に伝わりません。
面接官にどこからでもかかっていらっしゃいという気迫を感じさせましょうよ!♪

たっぷり時間をかけて自己を見つける作業をしてください。

ですから自己分析の開始時期は大学1年からでも早い方が良いのです。

「自己分析」は就活を通して最後まで苦労するうちの一つです。

就職活動を終えた方々は口をそろえて,自己分析の大切さを実感されているようです。

もう一つ大事な事

自己分析は1人ではやらないでね。両親,兄弟,親しい友人と一緒にやりましょう。自分の事をよく知っていてくれて,前向きに考えられるようなサポートの必要があるのです。

自分の内省を掘り下げるような自己分析は、ともすれば辛い気持ちになるかもしれません。あなたをよく知る誰かと一緒にやったほうが精神的サポートも含めて効率良く出来ます。

自己分析は,過去の経験を分析して自らの価値観を知り、どんな人物になりたいかを考えることですよね!
そして社会とか企業にどのように役にたてるか,と述べてください。(ここまで述べられたら面接官のお顔はニコッとなりますよ。)

●過去の経験を分析することって?

・その活動に取り組んだ動機は?

・その活動をどのように頑張ったのか?

・どんな問題がおきて解決にどのように取り組んだのか?他には解決策はなかったのか?

・取り組んだ結果はどうだったか?どんなことを学んだか?

・どんな影響を受けたか?学んだことを今後どのようにいかせるか?

その結果,自らの価値観を知り、どんな人物になりたいかを考えることが過去の経験の分析なのです。

つまり自分はどんな場合に頑張れるのか?➡ 志望動機になります。
その時,自分はどうやって問題を解決する人物なのか➡ 長所になります。

企業目線に立った志望動機かどうか、あなたを採用すると会社にとってどんなメリットがあるか、積極的に熱く自分の言葉で,上手でなくてもいい,はっきりと伝えることが大切です。

性格ですが短所は長所ともなる強みになるものを選ぶこと

あまりネガティブなだけの短所は書かなくて大丈夫ですよ。

 

就活の軸は「一貫性」がとても重要です。そこをしっかり頭に入れて就職活動に励みましょうね!

しっかり自己分析と業界研究、企業研究をすることで、面接で答えられなかったり、入社後にイメージが違った等の不測の事態を減らせます

●ちなみに就活が成功する人は?

誰かに言われてから動き出すのではなく,自分で考え,それを即,行動に移し,自分のエネルギーを回りに振りまき,立ち居振る舞いさへも周囲のお手本になる能動的な人なのです。

経験や能力に裏打ちされた自信があるので,自分をしっかりアピールできるのですね!

こういう人は常に 相手を思いやる気持ちがあります!

ですから,担当者の方や面接官への感謝の気持ちを忘れません。

自分もつねに「入りたい」思いの火を燃やし続けることです。

それが就活の成功つながり、実社会に入ってもその人の特性が発揮できることでしょう。

自己PRのキーワードばかり探して、単なる言葉の羅列だけになると,

ほんの形だけの自己分析になってしまい面接官、人事担当者に見破られてしまいます。

 

履歴書ESであなたが自分を表現できるのは

  1. この会社でどうしても働きたい、という熱意や意欲が全面的に出ているか!
  2. 今までの自己分析から,自分が入社したらどのような事で会社に貢献できるか
  3. 相手の会社(採用側)に読まれることを意識した書き方になっているかどうか

証明写真サンプルと詳細はこちら

履歴書の書き方について

面接官から聞いたメッセージ

不合格になる書き方とは

  • あなた自身のアピールだけが強すぎる
  • あなたの熱意だけが強すぎる

との事です。

難しいですね
では、どんな自己PRであれば良いのでしょうか?

就職活動のESや履歴書については「あなたが他の人よりも優れているところ」を強くアピールするようにと書かれていますよね。

でもマニュアルのとうりにみんながやって,だれもが完璧で優秀な人材であるという風に強調されると・・・採用側は又かと言う事で、目にも留めてくれないことでしょう。

要は自分を良く見せようとするのではなく、いつもの自分をできるだけたくさん見てもらおうとする姿勢がとても重要なんです。

それに関してあなたはこれまで一生懸命準備してきた事でしょうからなにも怖いものはありませんね。

学生時代に熱中したこと,頑張った事,学業や特技,趣味,スポーツ,文化活動等からも大いに自己PRしてください。

面接官に好感をもってもらいましょう!

【履歴書ESのポイント】
~起承転結の結とキャッチフレーズを〜

まずは端的に!→最初に結論が書いた方がわかりやすい!

さらに、心をつかむキャッチフレーズを入れる!

●面接でも企業側の心をつかんでください。

第一印象でビジネスマナーも見られています。

常識的な服装で髪メイクも含めて乱れのないように。

まず背筋がピシッと!明るく笑顔,大きな声ではきはきと挨拶。

立ち振る舞いも上品で奥ゆかしさが感じられる。

本サイト 写真の高橋 履歴書証明写真もお役にたちます。

 

 

 

tf-photo の紹介

写真の高橋 就活写真ブログへようこそ!証明写真 就活写真は東京でおすすめ写真館と口コミ下さり全国は勿論、海外からも東京,江戸川区のフォトスタジオにお越しになります。就活の証明写真の仕上がりをご覧になって大喜びされるお客様のお顔を拝見するのが なによりも生きがいを感じる写真スタジオ『写真の高橋』です。証明写真は即日仕上、どんな修整も無料,webデータ即時渡し、撮影用上着無料、caエアライン証明写真,アナウンサー就職es試験写真はもとより小学校,中学校受験写真、履歴書,七五三,成人式写真,ペット写真,婚活写真,古写真修復も得意分野です